• 暖簾
  • お店の入口に
    欠かせない存在です。

    サイズ

    いくつでも自由に設定できます。
    よくあるのが、

    W1750mm×H600mm 店の入口の横幅一間(約1800mm)にかけることをイメージしたサイズです。

    印刷種類とその特徴

    本染め(綿素材)
    ●メリット
    名前の通り、綿の素材を色で「染め」ます。
    裏抜けが良いのと、素材の風合いを損ねません。
    「DIC」や「PANTONE」などで、色の指定ができます。
    ●デメリット
    色数が増えますと金額が上がります。
    色と色の間に白色が入ります(糸目といいます)
    糸目を無くす場合、金額が変わります。
    フルカラー印刷(化繊素材)
    ●メリット
    色数の制限がありません。
    そのため、写真なども使用可能です。
    ●デメリット
    色が近似色になるのと、印刷は基本片面ずつになります。(両面印刷もできます)
    綿と比べると表面がつるっとしていて、風合いは感じられません。

    納期

    ●綿(本染め)
    通常2週間程度
    ●化繊(フルカラー印刷)
    通常1週間から10日程度

    ※納期相談可!

    オプション

    棒袋

    暖簾棒を通す部分が共チチ使用ではなく、袋状になっているタイプの暖簾です。
    暖簾棒が完全に隠れるため、すっきりした印象になります。

    防炎加工

    万が一火がついても、燃え広がらないようにする加工です。
    飲食店内やデパートなどでの設置に使うとき必要になります。
    消防法で決められている場合のほか、建物のルールとして「防炎加工」が義務付けられている場合がありますので、ご注意ください。

    他素材

    綿や化繊と言っても、その種類は様々です。
    どのようなものを希望されているか、ご相談下さい。
    また、「麻」の素材もあります。

    関連商品

    暖簾棒

    弊社では黒竹が基本です。
    日除け幕ではより耐久性が必要なため、丸木の棒をご案内致します。

    暖簾の仲間

    内暖簾

    厨房とホールの仕切り、トイレの仕切りなどに使用されるのれんです。

    日除け幕

    店頭に設置する、日除けの幕です。

    日除け幕

    無地のれん

    お店の看板、イベント時のアクセントなど幅広い用途で使用されるのれんです。
    お店のイメージを落ち着いた雰囲気にできます。

    無地のれん